ラクトフェリンの抗菌

ラクトフェリンの抗菌力は凄いです

ラクトフェリンには多くの作用があります。

その内のひとつに抗菌作用があげられます。

一説によると、ラクトフェリンの抗菌作用とは抗生物質と遜色ないほどに優れているというそうです。

その優れた抗菌力でさまざまな効果を発揮してくれているのです。

ここではそうしたラクトフェリンの抗菌力についてふれていきましょう。

ラクトフェリンの抗菌力によってもたらされる効果のひとつとして整腸作用があります。

ラクトフェリンはその強い抗菌力をもって腸内にいる悪玉菌を除去してくれるのですね。

また、胃がんなどの原因ともいわれているピロリ菌の除去も行ってくれるといわれています。

ですが、抗菌力が強いということは他の菌も除去してしまうんじゃないのと思われる方もおられるでしょう。

とてもナイスな疑問です。

ラクトフェリンの抗菌力は確かに優れています。

しかし、その優れた抗菌力はなんにでも発揮されるわけではありません。

たとえば善玉菌で有名なビフィズス菌などには作用しないのです。

それどころか逆にビフィズス菌を増やす手助けをしてくれるのです。

ラクトフェリンは人間にとってとても都合の良い働きをしてくれるのです。

結果として、悪玉菌は除去し、善玉菌が増えることで日和見菌などは善玉菌に傾いていきます。

つまりは腸の中が正常な状態に保たれていくというわけです。

こうしたことからラクトフェリンには便秘の改善効果もあるとされています。

また、便秘が改善されるということは肌荒れや口臭なども改善されるということになります。

口臭というのがでてきましたね。

口臭の改善といえば口内環境の改善も必須です。

というのは、口臭というのは便秘が原因ででるものだけではないからです。

口の中というのはおよそ700種類もの菌が常在しているといわれています。

それだけに口の中には良い菌の悪い菌もいるのです。

ラクトフェリンはそもそも唾液に含まれているものです。

しかし、体内にラクトフェリンが増えてくると、その力を増強させるといった力もあるのです。

加齢などによって唾液が減少することで抗菌力を持ったラクトフェリンが少なくなる。

と、なるとここぞとばかりに悪玉菌が増えてくる。

というような構図になります。

しかし、あとは先ほどの腸内環境のときと同じです。

ラクトフェリンの効果で口内環境もしっかりと守られるのです。

よって口臭の予防や改善、歯周病の改善や予防にも効果があるといわれているのです。

参考資料:ラクトフェリンのサプリメントの選び方